内装シートアレンジに法改正の波

法改正により、内装シートアレンジに大きな変化が!!

 

2017年7月26日に法改正があります。

この法改正に関連するのは10人乗りの乗用車。

改正の内容は、10人乗りの乗用車で横向き座席が禁止されます。

 

実は、9人乗り以下の乗用車や貨物車では禁止されています。

横向き座席禁止の法律が10人乗りの乗用車にも適用されるわけです。

 

ハイエースの場合、ハイエースワゴンのGL/DX/グランドキャビンの3車種が該当します。

 

キャンピング業界でも、横向き座席を使えるという利点を活かし、さまざまな車中泊仕様のハイエースワゴンがリリースされています。ほとんどのビルダーが前向き座席に加え、横向き座席をおりまぜて、乗車定員10名を確保し、車をつくるわけです。

法改正により横向き座席を使っての10名確保ができなくなるわけです。

dsc_0080

それでは、ハイエースワゴンを9人乗り以下で登録するというのはどうでしょう。

『どうせ10人乗らないし・・・』『無理して10人とらなくても・・・』という声が聞こえてきそうですがそうはいきません。

 

同じ3ナンバーの乗用車でも、乗車定員9人以下と10人では求められる法律の要件が大きく変わります。よって10人乗りを9人以下への変更するのはとてもハードルが高く、実質できないというのが現状です。

 

乗車定員を減らす方法としては、『8ナンバー(キャンピングカー)』へ変更すれば乗車定員を減らすことはできます。

ただ、キャンピングカーの要件を満たさなくてはいけなくなります。

ハイエースワゴンで、キャンピングカーの要件を満たすとなるとまずネックとなるのが天井高の確保。

キッチン前に室内高1600mmを確保しなくてはならない。

ハイエースのミドルルーフだと1300mmほどしかありません。

そうなるとポップアップルーフかスペアタイヤ部分の床を掘り、1600mm確保するしかありません。

 

ポップアップルーフや床堀りとなるとボディカットととても大がかりです。

 

ポップアップルーフ

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

床掘り

img_1508-200x200

それ以外にも就寝定員の確保や、炊事設備も搭載しなくてはいけません。

もちろんこれらにはコストがかかります。必要なユーザーには嬉しいですが、これらのキャンピングカー装備は不要というかたには、コスト面でも車内のスペース面でも痛手になります。

またキャンピングカーの要件をすべてしっかりと満たすようにつくるとすると、『できるレイアウト』『使い勝手の良いレイアウト』は限られてくるのではないでしょうか。

 

法改正後、どのようなレイアウトが登場するのか楽しみですね♪

 

また、現時点で3ナンバーベースのハイエースを検討されている方、いいなぁと考えられているかたへ!法改正後は購入できない可能性が非常に高いですよ!私の知る限り、3ナンバーの車中泊仕様車はほぼ100%定員調整のため横向き座席を採用しています。

既に駆け込み需要も予測されており、注文が殺到することで注文を断られる可能性もあるので要注意です。

 

同じシリーズでリリースされても、横向き禁止の対策済みとなるので、まちがいなく価格はあがります。

(価格が上がった分だけ、装備が充実されれば文句ないですが・・・)

 

京都のWORKVOXと愛知県のケイワークスでは既に法改正のモデルを公開しています。

 

WORKVOX 2017年法改正モデル H-URBAN301

ケイワークス 2017年法改正モデル Desire

 

この2社は8ナンバーにするのではなく乗車定員10名はそのままで、横向き座席に変わり、後ろ向き座席で乗車定員10名を確保。

横向き座席と後ろ向き座席で違うところはシートベルトの要件が変わります。

 

キャンピングカー装備は不要!車内をフレキシブルに広く使いたい!余計な装備は必要ない!乗用車感覚で使いたい!

 

こういった方には、現モデルを購入するか、ボディカットをしていない後ろ向き座席を搭載したモデルがいいかもしれませんネ♪

 

 

 

 

 

Copyright © 2018 ハイマガドットコム All Rights Reserved.