ポップアップルーフを満喫しよう

ポップアップルーフは非日常の空間へと変えてくれる魅力的な装備です。

特にヘビーなユーザーにはお勧めの装備の1つです。

 

走行中はコンパクトに、車中泊時には広々と使えるのがポップアップルーフです。

 

ポップアップルーフには、大きく分けて2パターンあります。

天井が斜めに持ち上がるタイプと水平に持ち上がるタイプです。

斜めに持ち上げるタイプは、前後のどちらかを支点にして天井を持ち上げます。

高さが稼げるので就寝スペースとしては大きくなりますが、支点側は低いままです。

対して、水平に持ち上がるタイプですが、斜めに持ち上がるタイプほど高くは持ち上げれませんが、全体が同じだけ上がるので、居住性としては広く感じれます。

このポップアップルーフは海外のキャンピングカーでもよくある装備です。

ヨーロッパ車の自走式のバンコンやトレーラーにも多く、最近では小型のフルコンにも取付けたものもあるそうです。

ポップアップルーフのメリット

■手間なく短時間でキャンプベースが設営、撤収できる

■就寝定員を増やせる

■夏場でもエアコン要らずで、風通しの良いベッドへ

■子供達は大喜び!間違いなし!(おじいちゃん・おばぁちゃん必見!)

■天井空間が広がり、車内で立てる

■ポップアップルーフの場合、高さ制限のある駐車場もクリアできる

ポップアップルーフのデメリット

■断熱性、防音性は低い

(ただ、FFヒーターの熱などをうまく回すことで冬でも快適に過ごすことが可能)

■よじ登らないといけない。

■手入れが必要。雨に濡れると乾かす必要があります。

ポップアップルーフを詳しく

ポップアップルーフの施工は天井をカットして、屋根部分にはFRPの天井を。周囲はテント生地やウェットスーツの生地をつかうそうです。ウェットスーツの生地なので雨も心配ありません。ダンパーで持ち上がるので操作も思っているより簡単。3方向に向けて全開・全閉・防虫ネットを使い分けられるタイプは、ポップアップルーフから2m上空からの景色を楽しめ、非日常を味わえます。高い位置からの景色は最高です。キャンプ場でも注目の的になりそうですね。

 

走る時はコンパクトで、停車中は室内を大きく使える、便利なポップアップルーフ。せっかくのキャンピングカーやハイエース。広く使い快適な車内空間をつくりましょう。

 

ポップアップルーフのハイエース

 

 

≪参考元≫

http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015081803111.html

http://www.kworks-aurora.com/customize-service/popup.html

Copyright © 2018 ハイマガドットコム All Rights Reserved.