1、4ナンバー(貨物車)について

6-12

通常、ハイエースバンは1ナンバーか4ナンバーで登録され、用途は貨物車となります。

そもそも貨物自動車とはどんな自動車でしょうか?

もちろん、いろいろと細かい定義はありますが、見てわかる範囲の基準としては次の通りです。

 

①物品積載設備(要は荷室のことです)の最大利用時の床面積が1㎡以上あること。

②物品の積卸し口(要はドア部の開口です)の位置が車両のサイド面またはリア面にあること。

③物品の積卸し口の開口寸法が横800mm、高さ800mm以上あること。

④乗車設備(要はシートのことです)と物品積載設備との間に保護仕切等を備えること。

⑤床面積が乗車設備<物品積載設備であること。・・・だいたいこんな感じです。

 

⑤は物を積む面積の方が人の座る面積より大きいことが条件であることを示しています。

わかりやすいところだとハイエースDXバンの3/6/9人乗りは3列配列なのに前の方にシートが

狭苦しく並んでいますよね。後方の荷室は広々としているのに・・・

 

その他、折りたたみ座席か固定座席かで様々な条件が関与してきますので、改造については専門店様によく相談してください。

あと、1ナンバーは普通の高速道路では20%増しの通行料金がかかりますので用注意です。よく高速道路を使う方はもしかしたら8ナンバーに変更した方がお得かもしれませんね。(8ナンバーは普通の料金です)

 

DSC02954ついでに小型自動車(4ナンバー)と普通自動車(1ナンバー)の種別も記します。

小型自動車のボディーの大きさは高さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.00m以下であること。

小型自動車の排気量は2000cc以下(ディーゼル車は除きます)であること。

これを超えるものを普通自動車と言います。

 

1ナンバー : 普通貨物

4ナンバー : 小型貨物

3ナンバー : 普通乗用車

5ナンバー : 小型乗用車

以上のようになります。

 

キャンピング車などの8ナンバー(用途は特種となります)はどれにも該当しなくなりますが、改造するにあたっては色々と注意しなくてはならない法律が関与してきます。

こちらの話については別の機会に記したいと思います。

 

 

 

≪参考関連記事≫

8ナンバーといってもいろいろあります

 

Copyright © 2018 ハイマガドットコム All Rights Reserved.