トピックスバナー
2016年3月20日

V8ハイエース!!

現行ハイエースは

2000ccガソリン

2700ccガソリン

3000ccディーゼルターボ とエンジンの設定がありますが、

 

過去にV8エンジンのハイエースが存在したのをご存知ですか??

 

もちろん通常では販売されていたのではなく、特殊車両で使われていました。

 

それがこちら!

トヨタ高規格救急車!ハイメディック初代モデル!

初代(1992-1997)UZH132S・138S

ce03ed766a5fae946f0b80553013b427-300x219

トヨタ・ハイメディックとは、、、

トヨタ自動車が発売している高規格救急車で、現在、日本国内の高規格救急車市場においてトップシェアの車種です。(Wikipedia参照)

 

救急救命士法施工後、初となる国産高規格救急車として誕生。

 

ベースは100系のハイエースバン スーパーロングハイルーフ

 

フロントマスクはバン用からワゴンスーパーカスタム系のマスクに変更され、グランドキャビンがベースと思わせる外観ですが、ドアハンドルやリヤ周りはバンそのもの。

UZH138044-300x225

エンジンにはV8マークが

エンジンはセルシオに搭載されていた1UZ-FEエンジンは260ps仕様でしたが、ハイメディック用は220ps!

初代ハイメディックはV8の4000ccだったそうです。

 

UZH1380331-300x225

エンジンそのものもセッティングは救急車専用セッティングだそうです。

 

ハイメディックだけあって、必要装備も多く、ベース車両自体にパワーが求められる訳ですね。

 

ちなみに現在の、ハイメディック車はベース車両そのままの2700ccガソリンだそうです。

Ambulance_himedic

初代ハイメディックは十数年たった今でも、活躍しているそうです。

素晴らしいですね。

トヨタのこだわりを感じる1台。

 

参考元

ただの特殊車両じゃない!トヨタ ハイメディック救急車の歴史(初代編)

Wikipedia:トヨタ・ハイメディック

 

記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします。

Copyright © 2018 ハイマガドットコム All Rights Reserved.