トピックスバナー
2016年11月12日

重さ7.5kg!RAYS!高強度鍛造ホイール!

ハイエースバンは、1t近い荷物を積む前提で製作されている。

ホイールは全重量を支えるため、JWL-T技術基準という一般車両よりも厳しい強度基準をクリアするために、相当な重量増を余儀なくされているそうだ。

 

一流ホイールブランドのRAYSは得意の鍛造技術で、

ハイエースに向けてTE37SBを開発。

logo

face_03

新設計のインナーリムはたわみを抑制しJWL-T技術基準よりも高い強度と剛性をを実現。

それに加え、軽量化もすすめることで、驚きの軽さを実現。

face_01

17×6 1/2Jで約7.5キロという軽量化を実現。

 

ホイールの重量はステアリング性能やにも影響はあると考えられる。

 

RAYSだからこそつくれる、そんなアルミホイールではないでしょうか。

TE37の代名詞6本スポーク。

 

工法は鍛造1ピースホイール。

色はプレスドダブルブラック。

サイズは17インチと18インチの2ラインナップ

 

17×6.5J 6-139.7 ¥56,000-

18×6.5J 6-139.7 ¥69,000~¥70,000-

 

オプションのラージセンターキャップは別売り設定。

volk_cc_te-large

 

≪参考元≫

RAYS 公式ホームページ TE37SB

記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします。

Copyright © 2020 ハイマガドットコム All Rights Reserved.