トピックスバナー
2015年1月31日

≪FASPシート≫ 徹底解剖!!

今回は、あのキャンピングカーで人気の高い【FASPシート】を徹底的に解剖します。

ちなみにFASP社はイタリアの会社です。

 

メインフレーム

まずは背・座にあたるメインフレームです。(写真は900Wです)

DSC01260_R

 

 

 

 

シートベース

この台の上に↑上の写真のメインフレームを載せる形になります。

DSC01247_R

 

 

 

 

ウレタンクッション

↓の写真が、背と座のクッションとなるウレタンです。

 

DSC01257_R

 

 

 

 

ウレタンの中はこんな感じ!

メインフレームの形状に合わせて凹凸加工されています。

DSC01258_R

 

 

 

 

ヘッドレスト(未縫製状態)

こちらは、まだ裸の状態のヘッドレストです。

先端がテーパーになっているので刺しやすそうです。

DSC01261_R

 

 

 

 

ヘッドレストのロックは↓下の写真のような機構になっています。

銀色の割りピンが、シャフトの溝にはまり込んで高さ調整のロックが掛かります。

DSC01254_R

 

 

 

 

前スライド機能

シートは前スライドが可能で、↓の写真が前スライドのレバーです。

スライド量は、約120㎜

 

DSC01275_R

 

 

 

 

横スライド機能

こちらの写真↓は横スライド状態です。

スライド量は、約270mm。

加工すれば約270mmの可動範囲内でピッチを好きに決める事ができそうです。

DSC01268_R

 

 

 

横スライドのレバーは、前スライドのレバーすぐ横にあります。

レバーが軽くて操作しやすいのが特徴です。

DSC01274_R

 

 

 

リクライニングレバー

リクライニングレバーは背と座の左側面にそれぞれ付いています。

レバープレートの先には樹脂性のレバーハンドルを付けます。

背と座を反転させると後ろ向き座席にする事が可能。

DSC01276_R

DSC01277_R

 

 

 

アームレスト(未縫製)

こちらはアームレストの画像です。

右用と左用があります。(写真は左用)

まだ縫製されていない裸の状態です。

先端の金具を利用してシートに固定します。(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

DSC01290_R

アームレストはリクライニングレバーすぐ下ぐらいに取付します。

DSC01278_R

 

 

 

サイドのカバー

こちらはシートのサイドに取付ける樹脂性カバーです。

中央に【FASP】の刻印があります。

DSC01266_R

 

 

 

リクライニングレバーのカバー

そして、そして

リクライニングレバーに取り付ける樹脂カバーです。

DSC01264_R

 

 

 

その他、小物。

リング状になっている樹脂はヘッドレストの差し込み口に取付ます。

四角い樹脂は、リクライニングレバーハンドルと横スライドレバーハンドルに取付ます。

DSC01271_R

DSC01281_R

DSC01284_R

 

 

 

以上!

【FASPシート】を徹底解剖してみました。

 

 

 

 縫製済み【FASPシート】

interior_photo_004

interior_photo_003

 

【画像引用元】

http://www.do-blog.jp/travois/category/123

http://nutsrv.co.jp/renew2014/product/mash_a.html

記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします。

Copyright © 2021 ハイマガドットコム All Rights Reserved.