トピックスバナー
  • ホーム
  • トピックス一覧
  • 特殊用途自動車から学ぶハイエース内装架装 【 救急車偏 Part.1】 8ナンバー
2015年7月1日

特殊用途自動車から学ぶハイエース内装架装 【 救急車偏 Part.1】 8ナンバー

《画像引用元(八代広域行政事務組合):http://www.yatsushiro-fd.com/aboutcar》

 

より良いハイエースの内装架装を考えるためには、カスタムハイエースやキャンピングカー(ベース車:ハイエース)だけではなく

特殊用途自動車からもヒントがあるのではないかと考え、内装を調べてみました。

 

まず第一弾は、【 救急車偏 】 です。(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

救急車の構造要件

国、地方自自体又は医療機関等において救急業務のために使用するであって

次の各号に掲げる構造上の要件を満足しているものをいう。

ただし、地方自治体が、傷病者の応急手当のための出勤に使用する二輪自動車にあっては、4を満足していればよい。

①車室にには、傷病者の搬送のための専用寝台又は担架及びその担架を固定するための設備を有すること。

②車室には、傷病者の応急手当に必要な資器材を収納できる構造を有すること。

③寝台又は担架は、傷病者を十分収容できる面積を有すること。

④保安基準第49条の規定に適合する警光灯及びサイレンを有すること。

 

《ソース元(国土交通省HP):http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr6_000007.html》

 

 

注意事項として公安委員会から緊急自動車として指定されなければいけないので

一般の方が《救急車での8ナンバー登録》する事は不可能です。(´・ω・`)

 

ではでは、内装を紹介していきます。

①車室にには、傷病者の搬送のための専用寝台又は担架及びその担架を固定するための設備を有すること。

あ01b916eda20f3c2b316a34e6d530a99a

 

《画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/kouhei14915/e/b520075b10acd9db18e3943af7b7c54b》

画像の赤丸の位置が構造要件①に該当すると考えられます。

ちなみに担架ってどのくらいのサイズなのかというと・・・

世界中の救急車などに採用されている『 ans 』の担架を例として一台紹介します。

ANSM1_sunpo3

《ソース元(ans):http://www.ans-shouji.com/index.html》

 

 

 

キャンピングカーの構造要件である大人一人分の就寝設備の寸法と同じくらいの大きさですね。┌(┌^o^)┐

 

②車室には、傷病者の応急手当に必要な資器材を収納できる構造を有すること。

dda33ffb20df7fde83372946488c3be8c4

 

壁際にギッシリ配備されている機材の収納スペースを指しているのでしょう。

画像から酸素ボンベや生体情報監視モニターがあるのがわかります。

 

③寝台又は担架は、傷病者を十分収容できる面積を有すること。

先ほど紹介した担架程度の面積が必要という事でしょう。ヽ(´▽`)/

ANSM1_sunpo3

 

 

 

 

④保安基準第49条の規定に適合する警光灯及びサイレンを有すること。

緊急自動車には、当該自動車が緊急自動車であることを他の交通に示すことのできるもとして、警光灯の色、明るさ、サイレンの音量に関し告示で定める基準に適合する警光灯及びサイレンを備えなければならない。

2 緊急自動車は、当該自動車が緊急自動車であることを他の交通に示すことができるものとして、車体の塗色に関し告示で定める基準に適合しなければなららない。

 

《ソース元(道路運送車両の保安基準):http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/hoankijyun/hoan_049_00.pdf》

 

P5270014-800x600

 

 

サイレンは内装には関係ありませんが、ちょっぴり紹介しちゃいました。

色や音量等、細かい決まりがあるようです。ヽ(・∀・)ノ

記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします。

Copyright © 2018 ハイマガドットコム All Rights Reserved.