トピックスバナー
2015年8月9日

トヨタ、新型2.8L直噴ターボディーゼルエンジンを開発

トヨタ自動車は、低燃費と、発進時から力強い加速をもたらす動力性能、ならびに高い静粛性を実現させた、2.8L直噴ターボディーゼルエンジン「1GD-FTV」を新開発した。

トヨタによると、この新型ディーゼルエンジンは、世界初となる燃焼時の冷却損失を低減させる燃焼改善技術である「Thermo Swing Wall Insulation Technology(以下、TSWIN。現時点のみ国内仕様)」を取り入れた、次世代高断熱ディーゼル燃焼(燃焼時の損失の中でも、特に冷却損失に焦点を当て、冷却損失を大幅に低減させる燃焼技術)の採用などにより、世界トップレベルの最大熱効率44%を達成。これにより、従来型の「KDエンジン」と比べ燃費が最大で15%向上するとともに、ダウンサイズしながら最大トルクは25%、低速トルクは11%向上しているという。

--SCR----

また、トヨタ初となる尿素SCR(Selective Catalytic Reduction。欧州、国内仕様のみ)システム(写真上)の採用などにより、世界で最も厳しい排出ガス規制である欧州EURO6および平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制(国土交通省の低排出ガス車認定制度)などに対応する。

今回、新開発のエンジンは、次世代高断熱ディーゼル燃焼を採用することで、気温-40℃以下の極寒地域や海抜4,500mを超える地域など世界中のあらゆる地域において、高熱効率で、静粛性かつ力強い走りを実現。また、触媒の近接配置などによる浄化率向上、従来型比の約30%小型化、排気レイアウトの18種類から3種類への集約などにより、グローバルな車両展開性の大幅な向上と環境負荷低減を両立したという。
その結果、グローバル展開している従来型の「KDエンジン」を、2016年までに年間70万基規模、約90の国・地域で、2.4L直噴ターボディーゼルエンジン「2GD-FTV」(タイ仕様)を含めた新開発エンジン群である「GDエンジン」に刷新。2020年までに150以上の国・地域に展開することが可能になるという。なお、「GDエンジン」は、2015年5月にタイで発表した小型ピックアップトラックの新型ハイラックスに加え、6月17日に一部改良したランドクルーザープラドにも搭載されている。

トヨタでは「適地・適時・適車」の考えのもと、世界中の地域ニーズから、ユーザーへの迅速な提供、商用車・SUVなどの用途への対応まで、ディーゼルエンジンを引き続きトヨタのエンジンラインアップを支える基幹ユニットと位置づけ、(株)豊田自動織機をはじめ、トヨタグループの総力を挙げて、よりクリーンで競争力のあるディーゼルエンジンの開発に邁進していくという。

TSWIN-------------------------

世界初のTSWIN(写真上:左)を取り入れた次世代高断熱ディーゼル燃焼や小型高効率可変ジオメトリーターボチャージャー(写真上:右)を採用することで、世界トップレベルの熱効率44%を達成し、燃費に加え、発進トルクや加速レスポンスなどの大幅な向上を実現。

------

1、次世代高断熱ディーゼル燃焼
・より空気の入りやすいポート形状とし、シリンダー内へ流入する空気量が大幅に増大。加えて、新開発のピストン燃焼室形状と、噴射圧をさらに高圧化・高制御化したコモンレール(写真上)式燃料噴射システムにより、燃焼室内の空間に燃料をより効率的に噴射することで、空気の利用を最大化し、高熱効率と低エミッションを両立
・メイン噴射の前に、外気の状態に合わせた精密なパイロット噴射により着火遅れ時間を短縮することで、世界中の過酷な環境下でも安定した燃焼を実現し、高熱効率で高い静粛性を維持
・世界初のTSWINを採用。断熱性および放熱性の高い、すなわち「熱しやすく冷めやすい」シリカ強化多孔質陽極酸化膜:SiRPA(SiRPA Silica Reinforced Porous Anodized Aluminum)をピストン頂部にコーティングすることで、燃焼時の冷却損失を最大約30%低減させ、より一層の熱効率向上に寄与

2、小型高効率可変ジオメトリーターボチャージャー(トヨタ内製)
・従来型より約30%ダウンサイズしながらも、新開発タービンの採用などによるタービン効率の向上を図るとともに、新開発インペラの採用により、アクセル操作に対する瞬時のレスポンスと、幅広い回転域での最大トルクの発生に貢献

3、尿素SCRシステム(トヨタ初)
・トヨタ独自開発のコンパクト高分散尿素システムを採用し、大気汚染の原因の一つと言われるNOx(窒素酸化物)を最大99%浄化
・EURO6ならびに平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制などに対応

■1GD-FTV(国内仕様)主要諸元
総排気量:2,754cc
内径×行程:92×103.6mm
圧縮比:15.6
最高出力:130kW(177ps)/3,400rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgf・m)/1,600~2,400rpm
<参考>低速トルク:370Nm(37.7kgf・m)/1,200rpm

■2GD-FTV(タイ仕様)主要諸元
総排気量:2,393cc
内径×行程:92×90mm
圧縮比:15.6
最高出力:110kW(150ps)/3,400rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgf・m)/1,600~2,000rpm
<参考>低速トルク:330Nm(33.7kgf・m)/1,200rpm

今後プラドに使用された場合、ハイエースなどにも

クリーンディーゼル搭載等も考えられるので今後に期待したい。
トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp/

 

 

quote 《autoblog》

記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします。

Copyright © 2017 ハイマガドットコム All Rights Reserved.