トピックスバナー
2015年8月24日

《要注意!!》暑い車内に置いておくと危ない⑤つのモノ

《画像引用元:http://ameblo.jp/halu5/entry-11307106051.html》

 

炎天下に気密性の高い車内は、温度は非常に高くなります。

 

そして温度の上がる車内に置いておくと危ない⑤つのモノをあなたはご存知でしょうか。

どのようなモノなのか?をご紹介します。(?_?)

 

「未開封の缶入り炭酸飲料やスプレー缶、使い捨てライター、化粧品や乾電池などを車内に置きっぱなしにしますと、高温により破裂する危険があります」(一般社団法人日本自動車連盟広報課)

1401455070267

《画像引用元:http://dealer.honda.co.jp/hondacars-omutachuo/ja/shop_blog/index.html?p=15》

 

上記⑤つのモノが爆発の可能性があるとの事でした。

 

ついつい車内に置きがちのモノが多いと思います。

冷却スプレーは、暑い夏には必須アイテムですし、乾電池は私の車ナビのリモコンに入っていると思いだした時にはゾッとしました。(´◦ω◦`)

 

さらにさらに・・・

「ウインドウガラスにアクセサリーの吸盤を取り付けたり、ダッシュボードに芳香剤の容器を置いたりすると、吸盤や容器がレンズの働きをして火災につながる恐れがあります」(一般社団法人日本自動車連盟広報課)

 

芳香剤などは置いている方は今一度置き場所を検討してみてください。

 

■冷却スプレーが危ない!?

冷却スプレーには可燃性ガスが使用されており、車内火災につながる事があるようです。

( ・_・)r鹵~<巛巛巛

 

「こうした事故を未然に防ぐには、取り扱い時の火気厳禁はもちろんですが、スプレー使用後に火気を取り扱う場合も、車内の空気を十分に入れ替えることが大切です」(一般社団法人日本自動車連盟広報課)

 

上記⑤つの物を車内での取り扱う場合は,十分に注意する必要がありますね。(;´д`)

■参考動画

《引用元(産経デジタル HP):http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20150812/wat1508121220003-n1.htm》

記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします。

Copyright © 2018 ハイマガドットコム All Rights Reserved.