トピックスバナー
  • ホーム
  • トピックス一覧
  • ハイエースにも活用されるであろうTOYOTAの安全技術研究が凄い!
2015年8月7日

ハイエースにも活用されるであろうTOYOTAの安全技術研究が凄い!

トヨタ自動車、バーチャル人体モデル「THUMS」が予防安全に対応!

~衝突前の乗員身構え状態を模擬することで、PCS*1も含めた安全装備の効果予測が可能に~

ph_p_sportssidevisor02身構えた状態

脱力状態

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、衝突事故における人体傷害をコンピューター上でシミュレートできるバーチャル人体モデルTHUMS(サムス)*2に、人の身構え状態から脱力状態まで模擬可能な筋肉モデルを追加し、THUMS Version 5として6月26日に発売した。

事故時には、約半数のドライバーが急ブレーキや操舵などで回避行動するという調査結果*3がある。特に、急ブレーキを踏むと乗員は身構えるため、事故前後で脱力した状態とは姿勢変化の大きさが異なる。従来のTHUMSでは、衝突後の姿勢変化を模擬可能だったが、筋肉モデルを追加したTHUMS Version 5では、衝突前の身構え状態も含めた乗員の姿勢変化を模擬することが可能となった。
これにより、より現実の事故に近い条件でシートベルトやエアバッグなどの安全装備の効果を検証できるほか、PCSなど予防安全技術の効果をより精度高く予測可能とし、乗員保護効果をさらに向上させた予防安全技術の開発促進が期待できる。

THUMS Version 5は(株)JSOL(東京都中央区)および日本イーエスアイ(株)(東京都新宿区)を通じ販売。THUMSはこれまで、国内外の自動車メーカー、部品メーカーなど数十社が採用。衝突事故における乗員や歩行者の傷害の解析に使われており、トヨタだけでなく、世界中のクルマの安全技術研究に貢献している。トヨタは、モビリティ社会の究極の願いである「交通死傷者ゼロ」に貢献するため、今後もTHUMSを用いて、車両衝突時の乗員姿勢や傷害を解析し、シートベルトやPCSなどの安全技術の開発・改良に活用していく。

*1PCS Pre-Collision System
*2 THUMS(サムス) Total HUman Model for Safety
人体の形状はもとより骨や皮膚に至るまで、身体各部位の特性を模擬することで、車両衝突時の骨折・靭帯断裂などの詳細な解析を可能とする。
1997年に(株)豊田中央研究所とトヨタで共同開発に着手。2000年にVersion 1を市販開始。2004年に顔面・骨を精密にモデル化したVersion 2、2006年に脳を精密にモデル化したVersion 3、2010年に内臓を精密にモデル化したVersion 4を市販開始
*3 2007年 交通事故総合分析センター調べ

記事が参考になりましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします。

Copyright © 2021 ハイマガドットコム All Rights Reserved.